腎臓病の食事制限を正確に行うには宅配食の利用をおすすめする理由

腎臓病食宅配関連の貴重な情報を入手したいなら、腎臓病食宅配についてご案内しているこのウェブサイトを閲覧してみてください。あなたが重宝する腎臓病食宅配の情報を、どのホームページよりもきちんと知ることが可能です。
HOME > 糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じる

糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じる

人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。

糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質に限っては分解されても7〜8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に腎臓に負担を与えてしまいます。

なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。

体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分に変換した場合30〜40gとなります。

腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、健康状態の維持になります。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法を手掛ける事で腎不全の進行ペースを抑えられ、透析を要する時期を極力遅くできます。

更に言えば、透析開始後も、できる限り健康体で透析をするために、食事療法は必須なのです。

近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。

背中に二つ存在する腎臓で尿が作られ体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。腎臓病治療は当然病院でふさわしい治療を受けることも先決ですが、日常的に健康的な生活を意識することが大事です。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、個々の食品や調理を行う際の形状・水の量・処理時間によっても異なります。

ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。

小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、また献立の工夫や、さらに食塩の軽減対策などを指導します。

低たんぱく食事療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、それに必要な紹介や説明もしていきます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明確にします。一日における排泄物を検査し計算をします。

1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量を見ることで、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかを知ることが可能です。

腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。

一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、生の野菜や生の果物と違って含まれているカリウムが、間違いなく多量です。

そういった理由も含めて、もし腎機能が健康でない患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合にはさらに高カリウム血症の症状が顕れるおそれがあります。

現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。

60kg前後を標準体重とすると、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。

食品における蛋白含有量を知りたければ食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。

食事療法については、栄養士に教えてもらいながら様々な工夫について知ることができます。

もし開業医さんで食事指導まで行き届かない場合は、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。

お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎないように工夫する必要があります。

甘い食べ物の場合でも意外な事に多量のたんぱく質が入っています。

お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。

例えば、ショートケーキひとつには卵1個に近いたんぱく質が含有されています。CKDの治療において薬物治療と食事療法は重要で、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。食事療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、減塩食は高血圧治療を容易にして、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、蛋白制限食は美味しくない、あるいはカロリー不足などの懸念から、なかなか実践に踏み切れない方も多く存在します。

食事によって獲得したたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。

血液は腎臓中で分解されて、無駄な老廃物は尿を出す際に一緒に排出されます。

たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓にもたらす負担が増加します。

腎機能を保つためにも、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、適切な量は摂取する必要があります。

ラクダ
Copyright (C) 2014 腎臓病の食事制限を正確に行うには宅配食の利用をおすすめする理由 All Rights Reserved.