腎臓病の食事制限を正確に行うには宅配食の利用をおすすめする理由

腎臓病食宅配関連の貴重な情報を入手したいなら、腎臓病食宅配についてご案内しているこのウェブサイトを閲覧してみてください。あなたが重宝する腎臓病食宅配の情報を、どのホームページよりもきちんと知ることが可能です。
HOME > 腎機能を損なわないためにも

腎機能を損なわないためにも

理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。

もし標準体重が60kgくらいであれば、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。

食品のたんぱく質含有量についても食品標準成分表で探してみて参考にするとよいでしょう。

このような食事療法については、栄養士の指示で自分なりのアイデアを取り入れることも可能です。もし開業医さんで食事指導まで行き届かない場合は、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。

近年、腎臓の働きが悪くなる方が増加し問題となっています。

背中に二つ存在する腎臓で尿が作られ体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、その他、電解質の安定を保ったり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧をコントロールしたり、赤血球を作る働きをしたり、私たちの体のために重要な役割を担っています。当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねてそれに応じた治療を受けることが望ましいですが、日常的に健康的な生活を意識することが大事です。食事をして摂り入れたたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。

血液は腎臓でろ過され、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。

たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓への負担が増えてしまいます。

腎機能を損なわないためにも、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、適切な量は摂取する必要があります。

腎臓病の食事療法の目的は、なるべく腎臓病を悪化させない事と、体調を良好に保つことにあります。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法次第で腎不全の進行をスローペースにし、結果として透析の導入時期を遅らせられます。更に言えば、透析開始後も、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は非常に重要な治療法です。一日の食事の種類や量についてや、具体的な献立の工夫や、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。

主要な低たんぱく食事療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。

患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩を摂取しているかをチェックします。

1日24時間の蓄尿の検査から計算します。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、たんぱく質や食塩の摂取量を把握します。

人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。

糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質については性質上分解されると7〜8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に腎臓に負荷が及びます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。

体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で現すと30〜40g程になります。

カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。

茹でる事で除外できるカリウムの量は、食品の分類や調理を実行する際の処理時間や形状・水量により違いが出ます。

例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、搾るようにすると、より多く除去できます。

慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明白に改善することは少ないので、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。

一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、生野菜や素のままの果物に比べてカリウム含有量は極めて高いものが多いです。

仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、常日頃から野菜ジュースを好んで摂っていると、さらに高カリウム血症の症状が顕れるおそれがあります。。肉や魚その他卵や豆腐は結構な量のたんぱく質があり、食べ過ぎないように工夫する必要があります。

甘い食べ物の場合でも意外な事にたんぱく質が多く含まれています。

お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、余分なたんぱく質を摂取する事となります。

例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個程のたんぱく質が含有されています。

CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。食事療法は減塩・蛋白制限が主となり、減塩食は高血圧治療を容易にして、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。

CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、いわゆる蛋白制限食は不味い、あるいはカロリー不足などの懸念から、実施に及ばない方も多々見かけます。

ラクダ
Copyright (C) 2014 腎臓病の食事制限を正確に行うには宅配食の利用をおすすめする理由 All Rights Reserved.